AKB48的・個人サバイバル論 | たかみな「チャンスが来たら、スケジュールを見るな」

紅白で大島優子さんがAKB48卒業宣言をしていたのは記憶に新しいですが。
AKB48、賛否両論ありますが、私は好きです。
好きと言うか、人を魅了する装置として、興味深いと思うのです。

なぜなら、AKB48は「自分を売り出したい」という女の子が200名以上集まって
どうやったら人々から支持されるかを身を削って試行錯誤する
壮大な実験場だから。

巷にいたら間違いなくそのコミュニティの主導権を握れるほどの
端麗な容姿の子であっても、顔がキレイなだけで、総選挙の順位が
あがる訳ではないのです。
たくさんの人から支持され、応援される子は、ストーリーがある。

そんな彼女たちから、私のような一般人が学ばない手は無い。
「ただの流行りでしょ」と片付けてしまうのはもったいない。

ということで「AKB48から学ぶ個人サバイバル論」を
しばしば投稿していきますね。気まぐれに…。

今回は、総監督として秋元康はもとよりメンバー、そして
多くの国民からの(笑)信頼が厚い、たかみな(高橋みなみ)の発言から。

あるテレビ番組で、NMB48のリーダーである山本彩(通称:さや姉)さんと
たかみなの対談がありました。

さや姉は総選挙の順位が年々上昇し、2013年は念願のTOP16(選抜)入り
を果たした、人気が高まっているメンバーです。
そんなさや姉に、たかみなが、こんなアドバイスをしていました。

「チャンスが来たら、スケジュール見て、“ただでさえ忙しいのに
これ受けたら寝る暇なくなる”…と思うんじゃなくて、何がなんでも
全部掴み取った方がいい。でないとそのチャンスは他の子のところに
行くだけ。そして同じチャンスは2度と来ないから」

このとき、たかみな22歳、さや姉19歳。
今の日本で、こんなセリフを言う社会人がどれだけいるだろう。
よく「チャンスの女神は前髪しか無い」という言葉がありますが
彼女は、そんな言葉より深く、チャンスというものの気まぐれさと、
チャンスをつかむ人の代替性をとてもシビアに理解している

寝る暇を惜しんで働くことを肯定している訳ではありません。
チャンスが来たときにスケジュール確認して断ってる暇ねーぞ!と
22歳のたかみなに、背中を叩かれるような気がしたのです。
そうやって必死で何かを捨て、つかんで来た人にしか見えない世界が
あるのだと思います。

ということで。

チャンスが来たら、スケジュールを見るべからず

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
[`evernote` not found]
[`twib` not found]
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*