多摩大学「ソーシャルメディア論」でゲスト講演させていただきました | 「今、なぜ動画か?」

動画ディレクターの家子史穂です。先日、多摩大学の「ソーシャルメディア論」という安藤美冬さんが教えていらっしゃる授業にお呼びいただき、学生のみなさんに講演をさせていただきました。
内容は、動画ディレクターという立場から、下記3つのテーマについて、約80分、様々な動画事例を観ながらお話しさせていただきました。

これまでのキャリアについて(就職活動、就職、転職、独立というキャリアの中で形成されたキャリア観。大手企業・安定志向だった私がなぜ独立をしたか?等)

動画ディレクターとしての活動内容(個人でベースキャンプを構えて、様々な企業や人と一緒に動画プロジェクトを展開していく)

今、なぜ動画か?(動画ムーブメントの社会的背景、シェアされる動画とは?)

内容については長くなるので割愛しますが(興味をお持ちいただけましたらぜひ呼んでください、笑)、個人的にはとても楽しかった!
広い教室で人数も多かったので、ひとりひとりとじっくりお話しができた訳ではありませんが、講義の後に質問をいただいたりと、今、学生のみなさんがどんなことに興味があるのか、その一端に触れられました。
「動画の時代がくる!」と言われているとはいえ、まだまだ動画は観るものであって自ら撮影し、発信するものではない人が多いんだな、という印象でしたが、これをきっかけに動画の可能性に触れて、さらに自己表現やビジネスの可能性の幅を広げていくことにつながれば、とても嬉しいです。

こういう機会はこれからも、もっともっとつくっていきたいですね。

名称未設定-3

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
[`evernote` not found]
[`twib` not found]
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*