シェアしたくなる動画 | その動画は、生理的に気持ちいいか?新進気鋭の若手映像作家が世界に放ったミュージックビデオ

動画ディレクターのイエコシホです。CAREER HACKというサイトで、映像作家の細金卓矢さんの記事が紹介されていました。細金さんは2010年度文化庁メディア芸術祭アニーメション部門大賞を受賞されていたり、NHKの実験的な動画コンテンツ番組に参加していたりと、世界中から高い評価を得ている新進気鋭の若手映像作家のひとりです。

彼の代表作のひとつである『Vanishing Point』という作品がVimeoに公開されています。音楽に合わせて幾何学的な物体が規則的に動いていく。それだけといえばそれだけなのですが、観ていてなんとも「気持ちいい」感覚になってくる、不思議な動画です。

インタビューでは、細金さんは”生理的な会館に寄り添えるか”を重視している、と話していました。相手のバックグラウンドを意識せずとも、5歳児から大人まで、人種を超えて楽しんでもらえる映像ができる、と。細金さんのこのコメントは、動画の可能性のひとつの方向性をはっきりと示していると感じました。

気持ち良さのひとつが、この動画では音と画の連動性にあります。幾何学的な動画なのに、画面の中の模様が意志をもった生き物のよう見え、彼らが躍動する様子に清涼感すら感じます。ぜひ、楽しんでください!

・CAREER HACKの記事のリンクはここをクリック

「Vanishing Point /2010 / Takuya Hosogane」

にほんブログ村 動画紹介ブログへ
にほんブログ村

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
[`evernote` not found]
[`twib` not found]
LINEで送る

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.

*