結婚式で、ゲストに一目置かれる自作プロフィール動画をつくる3つのコツ(すべて無料)

結婚式でプロフィール動画をつくることはもはや定番ですね。
私もお仕事で制作させていただくことがありますが、最近は自作する!というカップルの方々も増えてきましたね。

このときに初めて、iMovieやMovieMakerをつかって動画を編集する人も多いではないでしょうか。「せっかくつくるのなら、ゲストに喜ばれたいし素人っぽい拙いプロフィール動画にはしたくない。でもお金はかけたくない。」というのが本音ではないでしょうか。わかります。結婚式はお金がかかりますからね、自分でできるところはやりたいですよね。

自作で動画をつくるときに、ちょっと工夫を加えることで、深みがあり玄人っぽい作品にすることができます。全て無料で出来ることです。プロとしてはあんまり教えたくないテクニックですが、結婚式を後悔のないものにしていただきたいので(そして残念なプロフィール動画がせっかくのめでたい席の印象を左右してきた事例を見聞きしてきたので)お知らせいたしますね。

  1. 無料のオープニングタイトルを使う

    動画の出だしであるオープニングは、期待感を高め、印象を決定づける大切な部分です。そこだけ、プロがつくった素材を使うことで一気に動画のクオリティがアップします。今は無料で素材をダウンロードできるサイトがありますので、ここからお気に入りのものをダウンロードして、iMovieなどの動画編集ソフトで読み込んで使えますよ〜。
    たとえばこんなカワイイものも、無料で使えます。太っ腹!
    YouTube Preview Image
    YouTube Preview Image

    上記の素材がダウンロードできるサイトは、こちらです。
    Lab01(ラボワン)
    http://www.studio-lab01.com/freebies.html

     

  2. インタビューを入れる

    写真とテキストで構成することが多いプロフィール紹介動画ですが、動画を入れることでぐっと奥行きがでます。今はiPhoneでも近くで撮れば十分音声がキレイに撮れますよ。インタビューを入れる際に気をつけることは3つ。

    「月並みなことは言わない」
    「長くても1人あたり40秒以内」
    「テロップを入れる」

    「月並みなことは言わない」これはたとえば「笑顔の絶えない家庭を築きたい」とか「やさしいところが好き」とか、ゲストが今までの結婚式でさんざん聞いてきている(=予想できる)ことです。これを回避するためには「ゲストが知らないような情報を盛り込む」ことです。たとえば「新郎のやさしいところが好き」と伝えたいのであれば「ケンカをすると、いつも新婦の好きな牛乳プリンを買ってきてくれる。ご飯の支度をしていると野菜を切ったり手伝ってくれるところがやさしい」とか、その人ならではのことを入れます。

    また、インタビュー映像は新鮮ですが長いと間延びしてしまいます。長くても40秒以内にしましょう(40秒以内にきっちり話そうとするのではなく、撮るだけとって編集のときにイイところだけ切り取って使う方が自然でおススメ)

    また、会場のテーブルががやがやして聞こえない場合も想定して、テロップを添えると親切です。

  3. デート・2人でピースしている以外の写真を使う(撮る)

    新郎新婦それぞれの小さい頃からの写真に加えて、2人の出会い編では、デート先で並んで撮った写真をたくさん使うことが多いと思います。ただ、2人で並んでピースしたり、顔をくっつけてカメラ目線でアップで写っている写真ばかりだと、どんなに違うところで撮っていても飽きてしまいます。
    アイドルや女優の写真集でピースの写真がほとんど使われていないのは、ピースが「月並み」な印象を与えてしまうからです。

    ゲストが知りたいのは2人でどこに出かけたよりも「2人がどんな雰囲気でいるか」ということ。実は旅先の写真である必要はないのです。

    むしろ、日常生活のふとした表情でよいのです。カメラ目線ではなく、新郎新婦が愛しいと思う瞬間にシャッターをきる。

    夫婦・家族写真の真骨頂と私が思っているのが、写真家の藤代冥砂氏が妻の田辺あゆみさんを撮影した写真集「もう、家に帰ろう」です。

    夫である藤代さんしか見えない田代あゆみさんの表情が記録されています。私が印象的なのは、ティッシュで鼻をかんでいるあゆみさん。鼻をかむって家族しか見られない、無防備な姿です。

    「でもそんな油断した表情をさらしたくない…」と思うかもしれませんが、逆です。大好きな人の前で見せる自然な表情が、いちばんその人が美しい瞬間なのです

    ぜひ、日常で撮った写真を加えてください。ぐっと2人に愛着を感じ、愛しく思っていただけるゲストが増えるはずです。

    ・もう、家に帰ろう
    http://www.amazon.co.jp/もう、家に帰ろう-田辺-あゆみ/dp/4860520351

     

     

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
[`twib` not found]
LINEで送る