当時のtwitterのつぶやきとともに、独立1年目を振り返る(1)独立スタートあっぷあっぷ編 | 動画ディレクターの日常

2014/10/1で、動画ディレクターとして会社を辞め独立してから1年が経ちました。この1年は思うように行かないこともあれば、思わぬところで前へ進んだり。そうやって1回休んだり、3マス進んだりする感じが双六のようで楽しいですね。

ということで、せっかくなので1年間を当時のtwitterのつぶやきと共に振り返ってみようと思います。個人的な内容になってしまいますが、ご了承くださいませ。

2013年10月
前職の仕事を業務委託で引き続き行うことになったので、週の半分は会社へ。
動画制作の独立最初の仕事は、会社の元同僚から、とある企業の中途採用向けお仕事紹介ムービー制作。5職種分同時制作・かつ役者さんに出てもらったり色々経験をさせてもらいました。そのときのつぶやき。

スクリーンショット 2014-10-07 9.04.40

 

 

採用まわりの動画制作の仕事と、東洋経済の動画制作とで4つプロジェクトが同時進行し、てんやわんや。チャンスを1つも逃すまいという気持ちでやっていました。
同時に個人プロジェクトである、起業家ドキュメンタリー・大野さん編をyoutubeで公開。

スクリーンショット 2014-10-07 9.02.55


2013年11月

新たに新卒採用のための金融系クライアントの先輩社員紹介動画制作プロジェクトスタート。さらに、研修で使用するための動画という新しいお仕事もお声がけいただく。この月は前職から引き続き行ってきた、グループ会社の採用ホームページのオープン(12/1)に向けて、色々山場。ディレクターとしてかなり大掛かりなホームページの新規制作に関われたことは大きな財産になりました。ただ、死にそうなほどバタバタでした。

そんな状態で丸の内朝大学に通い始めるも、貴重な睡眠時間が削られることに生命の危機を感じ、2回で挫折。このつぶやきを見ると、色々考えて考えてもどかしく思っていたようですね。

スクリーンショット 2014-10-07 9.12.28

 

2013年12月
ずーっと手一杯でやってきた採用ホームページ、無事にオープン。引き続き残りのコンテンツの更新にむけて、手配・調整は続く。別のクライアントの採用動画プロジェクトも始まる。これは受注前から一緒に企画書をつくり、プレゼンをしにいって受注できた案件。これによって「提案って、面白いしやった分の手応えはあるし、いいかも」と気づく。プレゼン当日のつぶやきはこちら。

スクリーンショット 2014-10-07 9.14.40
安藤美冬さんにお声がけいただき「ROOTOTE(ルートート)」の新商品の企画にも携わらせていただく。会社を越えた個人が集まってコラボして何かをつくりあげることが楽しく興味深い経験でした。※その時の様子はルートートのホームページに掲載されています。→(http://rootote.jp/workingtote/

スクリーンショット 2014-10-07 9.15.49

月末に「夢と狂気の王国」を映画館に観に行き、何かが心の中でわき始める。
前職の同僚から動画や業務改革プロジェクトなどのお仕事をお声がけいただき、ドタバタな年の暮れ。年末あるあるな、つぶやきはこちら

スクリーンショット 2014-10-07 9.52.57 そんなこんなで年は暮れ…


2014年1月

冬休み中に「なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか」(想田和弘氏・著)を読み、「これはもう自分もドキュメンタリー映画を撮らねばならない!」という思いが爆発。その場で一気に企画書を書き上げる。忘れもしない1月2日、品川のカフェでした。こうして、わたしの2014年の1年間の個人プロジェクト「ドキュメンタリー1981」がスタート。さっそく撮影したい同い年の友人たちに企画書を送り、撮らせて欲しいという意向を伝える。「いいよ!ぜひやろう!」とみんな即レスしてくれたのが、本当に嬉しかった。

スクリーンショット 2014-10-07 9.22.34さっそく打ち合わせに行ってますね。思い立ったら動かずにはいられないタイプでして…

スクリーンショット 2014-10-07 9.22.09
この月は、友人が務めるIT関連企業のお仕事で、研究開発のためにとある大学へ動画撮影へ。これもなかなか貴重な経験でした。そして起業家ドキュメンタリー、会社員でありつつ2枚目の名刺を持って活動する大野さんの動画を公開。

スクリーンショット 2014-10-07 9.49.05

4ヶ月だけで結構な量になってしまった…。今日はここまでにします。次回に続く…。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
[`twib` not found]
LINEで送る