当時のtwitterのつぶやきとともに、独立1年目を振り返る(2)東洋経済オンライン テイクオフ編 | 動画ディレクターの日常

さて独立1周年ウィークも残りわずか。フリーランスになって1年目の仕事状況を、当時のtwitterのつぶやきとともに振り返っています。(かなり個人的な内容でスミマセン!)今回は第2回目。(ちなみに第1回はこちら→http://blog.housechild.net/?p=689

2014年2月
仕事の合間に、同い年ドキュメンタリーの撮影を進めていますね。

スクリーンショット 2014-10-07 10.01.32この月は、とあるメディアサービス企業の中途採用のための動画撮影のお仕事で大阪に出張。前ノリして、京都でドキュメンタリー1981の撮影をしたり。
ブライダル系クライアントさんの採用動画プロジェクトも始まり、動画一色の月でした。
あ、そうそう、2月といえばバレンタインでしたね。糸井さんのこのつぶやきにドキっとした妻は私だけではないはず。思わずRT
スクリーンショット 2014-10-07 10.09.23
2013年3月
この月は、企業の研修用の動画制作のお仕事がいくつか入ってきました。社員教育のための専門家プレゼンテーションやロールプレイング、研修のエッセンスをまとめて全社に展開するための動画など。勉強になりました。
あとは東洋経済オンラインの動画連載「世界で戦う エリート飯!」スタートも決まり、その編集も急ピッチで進める。2月からのプロジェクトも含め、とにかく編集しまくった月でしたね。そりゃももクロでテンションあげるよね。

スクリーンショット 2014-10-07 10.15.57
2014年4月
東洋経済オンラインに、動画サイトがオープン!ずーっと水面下で準備してきたので、スタートのときに動画を掲載できて、とてもホッとしました。記念すべき1本目は、ウガンダで起業した日本人の1週間のお昼ご飯の動画。

スクリーンショット 2014-10-07 10.24.26同時に、東洋経済オンラインの次の動画企画でLEON編集部を密着取材。撮影編集は敏腕カメラマン・くまさんにお願いしてディレクターとして立ったプロジェクト。ちょいワルたちの生まれる場所は、楽しくも厳しい現場でした。撮影直後のつぶやき

スクリーンショット 2014-10-07 10.26.10この動画は、当時の東洋経済オンライン編集 Iくんとくまさんと、大分何度も何度も練り直して苦労して仕上げたもの。この経験によって「ネット動画における見られるコンテンツの定石は?」について、考えさせられました。何度もやり直して終わりが見えないと思った当時のつぶやき

スクリーンショット 2014-10-07 10.42.11結局は日本酒とお刺身が原動力なんでしょうか…。ちなみに、こんな夫婦のやりとりもあったようです。夫の良いところは、素直なところ!
スクリーンショット 2014-10-07 10.44.27

 

2014年5月
独立後からずーっと走り続けてきたので、GWにお休みをいただき、夫とともにアイルランド・ロンドンへ。Faceboookのつぶやきを見た友人の紹介で、イニシュモア島で、映像作家の亭田さんにお会いしてお話をきくことができました。世界中の7つの先住民族を生涯をかける覚悟で撮影し、映画にするという亭田さん。私はまだまだひよっこだと思うと同時に、我が道を行け、と背中を押してもらったような気持ちになりました。

そしてこの月に初めて、自由大学を受講。出版道場クラスでした。動画の企画立案の参考に…と思って受講しましたが、出版業界のことや、個人で立って発信していくことなどとても濃い充実した内容でした。このクラスでの鈴木教授との出会いが、のちに自由大学で動画クラスを開講させていただくことにつながっていきます。

スクリーンショット 2014-10-07 10.37.15
はい、ということで、またまた長くなったので、最後の4ヶ月はさらに次回へ…。誰か観る人いるのかな…?しかし直近4ヶ月は挫折あり変化ありです。ということでまた次回!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
[`twib` not found]
LINEで送る

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. SNSのつぶやきとともに、独立2年目をまるっと振り返る (1)2014.10月〜12月 | 自由大学開講からいか文庫、ハコスコまであっぷあっぷな3ヶ月 | 動画・映像ディレクター 家子史穂のブログ

Comments are closed.