starbucks(スターバックス)の心あたたまる動画プロモーション | meet me at starbucks | 世界のスタバの「とある一日」 | 動画マーケティングの注目事例

みんな大好きスターバックス。旅行でいろいろな国を訪れると、その街に溶け込むようにひっそりと、でもあちこちに見かけるスタバ。初めて訪れる国では、古い友人に会ったようにホッとする気分になりませんか?

友人とおしゃべりしたり、恋人と一息ついたり、Macを広げて仕事をしたり…その国のスタバの中でも、地元のひとたちによって日本のスタバで見かける日常が同じように広がっているんだな、と思うことがあります。

そんな気持ちを呼び起こさせてくれる動画プロモーションをスターバックスが展開しています。
「Meet me at Starbucks」というキャンペーンで、世界中の28か国・59店舗で、その国の人たちのスタバでの過ごし方を、39人の映像作家と10人のカメラマンが撮影し、スターバックスのサイトやYouTubeチャンネルで公開。

友人と語り合う風景もあれば、中国の店舗ではバンドのオーディションをしていたり、アメリカの店舗では大人数でパソコンを持ち込んでワークショップのようなものをしていたり…。


共通するのは「エネルギー」

家族への愛情というエネルギーもあれば、仕事仲間や友人たちと何かを生み出したいというエネルギーもありますが、前向きな思いが出会う「場」としてのスターバックスがよく描かれています。
世界中にあって、世界中のお店でいまこの瞬間も、前向きな人どうしが出会って何かが生み出されている。そんな予感を感じさせてくれる動画です。

動画は1つの国ごとに30秒程度のものが順次公開されていましたが、それをまとめた5分ほどの動画もアップされています。仲間と連れ立ってスタバに行きたくなる…「らしさ」を浮かび上がらせたとても上質な動画は、さすがスタバですね。

5分間の世界のスターバックスへのtripをしてみませんか?

YouTube Preview Image

★Meet me at starbucks
https://www.youtube.com/user/Starbucks

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
[`twib` not found]
LINEで送る