カツカツな状態でも100万円かけて投資したいもの

気がつけば師走の声を聞き、年末はもうすぐ。

あっという間に2015年が去ろうとしています。あーはやい。

先日、カフェで仕事をしていたところ、すぐ隣の席の2人組のお客さんの話が耳に入ってきました(何しろそのうちのおひとりの声が大きく滑舌もめちゃ良かったので…)

その2人はどうやら税理士さんと、会社を今年設立したばかりのカメラマン。年末も近いからということで、決算の相談をしているようでした。

税理士「最近はどうですか。海外にも行って順調みたいですね」 

カメラマン「いやー、それが全然!実際はあまり回ってなくてカツカツなんですよ。旅費もこっち持ちだったり」

税理士「えっ!そうなんですか。決まった仕事は入ってるんですよね」

カメラマン「帯でやってる雑誌はあるけど、今はだいぶ減りましたね。雑誌はどこも厳しいですよ。しかもウチの息子、こないだ入院しちゃって。医者によると治りにくい病気みたいで。しばらく薬で様子をみることになっちゃって…」

税理士「そうですか…。大変ですね…。それじゃ、今年は大きめの投資はもうなさそうですね」

カメラマン「いや、それが買いたい機材があるんですよ。100万円くらいなんですけどね」

税理士「えっ!」

わたし(まじか)

カメラマン「最低限必要なものをと思ってるんですけどね、やっぱり必要な投資だなと思って」

 

このカメラマンさんの話、どう思いますか?

わたしが感じたのは、焦りでした。

だって、会社がけっこうカツカツな上に、子どもの医療費までかかる。それでも100万円かけても投資したいものがあるなんて普通言えません。

逆に、それだけかけて投資したいものが今の自分にあるんだろうか?と思ってしまった。

忙しく、色々お声がけいただく現状にあぐらをかいていないか?

自分にちゃんと、投資してるか?

そんなことを考えたカフェでのひとときでした。

あなたがいま100万円かけて投資したいことはなんですか?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+
[`twib` not found]
LINEで送る